So-net無料ブログ作成
検索選択

栗橋多頭飼育崩壊ー59頭の生きる権利 [dogs]

生きる という営み。
生かされる という状況。
それでも。
生き抜く という強い生命力。

生きる為の権利を今手にした59頭の犬たち。
同じ屋根の下、狭い空間で手足を伸ばして眠ることも出来ず、
飢えと乾き、暑さと寒さに耐え、10年間必死に生き延びた。
そして
力尽きた多くの犬たち。
飼育管理責任を怠った非道な飼い主。
成すすべが無かったのか、勧告を拒絶されたのか、
結果的に「放置」に甘んじた行政サイド。
正反対の立場の人間たちのはざまで、
抵抗することなく無言で「時間」を受け入れるしかなかった犬たち。
理由がどうであれ、感情がどうであれ、
虐待と言わざるを得ない状況で、多くの犬たちを息絶えさせた飼い主の罪は
重い。相当重い。
飼い主の最終判断は、市への「殺処分」依頼。
そのような現実が何故許されるのか。
一体動物の命を守る為の動物愛護法の存在は、
そんなにも曖昧な法律でいいのだろうか。
私たち人間に「命を弄ぶ権利」はない!

どうか目を背けないで、この国で起きている現実を見つめてください。

栗橋多頭崩壊49頭+10頭
↑こちらのサイトURLがバナーへのリンク先になります。

今後の「動物の幸せを結ぶ会」での情報の続報は
「動物の幸せを結ぶ会ー里親通信&活動報告」サイトより
新設カテゴリー
「栗橋 犬59匹多頭飼い崩壊!」にて更新されると記載されています。
併せて、上記サイトURLにてリンクのご協力をお願い致します。


動物の幸せを結ぶ会HP/TOPページに表記されていますように
「サイト内の画像、文章等の無断転用は固くお断りします。」とありますので、
ご迷惑にならないように、よろしくお願い致します。

リンクフリーにてバナーを掲載されていますので、
是非、HP・ブログを管理されている方は、ご協力をお願いしたいと思います。
サイトへのリンクにて、お一人でも多くの方たちの目に触れる事を願っています。


saitamatatou.jpg

栗橋多頭飼育崩壊現場のレスキューには

NPO法人 日本動物生命尊重の会 様

動物の幸せを結ぶ会 様 が着手されています。



かつて山梨県都留市に於いて、同じような多頭飼育崩壊問題が浮上しました。
現場の状況があまりにも惨い写真として、賛否両論あるなか掲載されました。
正直息をするのも躊躇われるほどの衝撃を受けました。
想像を絶する状況の中、多くの人たちの手で犬たちを取り巻く環境は徐々に改善されました。
気の遠くなるほどの時間を要し、今尚、犬たちを守る為の様々な活動が継続されています。
マスコミで取り上げられ「犬捨て山」と汚名をきせられ400頭以上にも増えた過去を経て、
現在その殆どが老犬となり、この夏旅立つ犬たちが後を絶たず86頭になりました。
当時から、何一つ変わっていないこの国の現状に
腹立ちを通り越し、虚脱感でいっぱいです。
私たちは、同じ人間として
せめて関心を寄せ、出来ることに取り組んで頂きたいと願います。
「山梨」を繰り返さないで欲しいと願います。
無関心も又罪であると思うのです。

お一人でも多くの方に「栗橋多頭飼育崩壊」問題へ、関心を寄せて頂く為には
みなさんのご協力が必要です。
この問題への関心が高まり、「生きる権利」を得た59頭全頭が
自由に手足を伸ばし眠りにつける日々に辿りつける為、
どうぞリンクのご協力をお願い致します。

この国で苦境に耐える犬たちへ、
ほんの僅かな時間を割いて、お一人でも多くの方にご協力をお願い致します。


                                            夏ママ





共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。