So-net無料ブログ作成

アークエンジェルズさんのご報告 [dogs]

ご報告

10月25日現在のご報告なので、既にご覧になられた方はいらっしゃるかと思います。でも、記事へのリンク貼らせていただくことにしました。

里親決定数・・・・402頭!

譲渡会での最終報告数は、319頭でしたね。トライアル期間にぱーくへ戻された子たちもいたので、以後も木曜日以外譲渡対象の面談が行なわれ83頭以上のワンコが、新しい家族の元へと旅立っていったことになります。

譲渡会で一度は諦めた方が再来されたり、新たに来られた方がいらっしゃるかと思います。これまで小さな命達に関心を持たれていなかった方々が、現実を見つめ愛情を抱いて下さるようになったことは、少しこの子たちの苦労が報われるような気がしています。

冷たい土のなかへ無造作に埋められていた子たちの、辛く苦しい気の遠くなるほどの長い時間を想う時、決して許されるべきではない、という強い思いが湧きあがって来ます。市の対応が変ったという報道は未だにないのですが、必ず告発の方向性へ動きつつあることを信じています。

2度と生命に携わる業務再建が出来ないように、厳しい対応をお願いいたします。

報告書を読むと、どれほど多くの方、多くの愛護団体、多くの企業、がご協力されて現在に至っているかを改めて感じます。罪の無い子たちをこのような酷い状況に追いやったのは人間です。こんなにも多くの救いの手が差し伸べられていること・・・そんな人間がまだまだ多く存在することに素直に喜んでいます。

やがて訪れるつらい季節が、ワンコたちにやさしくありますように。。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

緊急!支援のお願い! [dogs]

kanakoさんよりご協力のお願いです。詳細はコチラです。

リンク先のみ掲載させていただきます。

山梨県 犬の多頭飼育問題の真実
http://www.animalweb.jp/bokuiki/tatou_hp/index.html

10月23日現在、フードが1週間分しかないそうです。ドライタイプのドッグフード・小口でもいいそうですので、ご支援をよろしくお願いします。

支援のお願い

*5年前から続いている現場。。地道に救助活動を続けられていらっしゃる方達がいます。上記サイトは帝京大学学生さんたちが立ち上げたものだそうです。フードの支援よろしくお願いいたします。


nice!(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ペット

許せないこと [dogs]

ひろしまドッグぱーくの管理責任者は、確かに廃業届けを提出しているでしょう。けれど、彼が別の土地で同じ無責任な事業を再建しないという保障はありません。実刑判決でも受けない限り、性根は変らないと思います。外界から遮断された箱の内側で、その汚れた手にかけた命に対して、心底謝罪するにはそれしかありません。けれど、今更悔いたからと言って、無意味な死を遂げた子たちの魂は救われません。問題は彼が2度と生命に関わる業務に携われないようにすることだと思います。

劣悪環境での乱繁殖を行なっていた人物が、廃業届けを6月に出しました。地元自治体、愛護団体協力の元、すべての犬達に里親さんが決まりました。犬を飼う為の講習会も行なわれ、避妊の重要性なども訴えられたそうです。多くの希望者のなかから、条件をクリアした方々が里親さんとして認められ犬達を譲渡されました。これでやれやれ。。。とはいきませんでした。廃業届けを出した当人が再び「子犬」を売っているというではありませんか。一体どういうことなのでしょうか。その人物もやはり廃業届けを提出しただけで「お咎めナシ」だったのでしょうか。命を命とも思わない人間に個人情報保護法など適用しなくてもよいのです。人を殺せば顔写真・実名が公開されます。なぜ犬だからと言って顔にはモザイク・実名はイニシャルに留まるのでしょうか。同じ命です。尊い命です。

この現実を知ってから、あのドッグ・プロダクション管理者が、再び他の土地で罪の無い命を玩ぶのかが、とても心配です。行政の壁は厚いかもしれないけれど、地底からのうねりに亀裂が走り、やがては崩壊へと導くことが出来るかも知れません。諦めないで引き続き広島市へ抗議のメールを出しませんか。この事件は絶対に風化させてはいけないと思います。人間の汚れた手によって、苦しい死の選択肢しか与えられない小さな命達。あちらこちらに存在するぱーく管理者と同じ顔を持つ人間たち。彼(彼女)等が、2度と再建できないようにみんなで訴え続けましょう。


nice!(0)  トラックバック(192) 
共通テーマ:ペット

努力 [dogs]

昨日、嘆願書署名総数について、社会問題になっているわりには残念だったと書きました。申し訳ありません。撤回します。自分の軽薄さに凹んでいます。

地道に努力し続けるkanakoさんの更新記事を読み、如何に自分が薄っぺらい人間であるかがわかりました。むしろマスコミに踊らされているのは自分ではないかとさえ思います。

こんなにも懸命に小さな命達を救う為に、陰の力になり日夜努力されている方がいらっしゃるというのに。。。目の前の流れにだけ感情を重ねるバカさ加減に、自分でも呆れています。

そんな気持ちだから、投げかけられた冷たい言葉に、二の足を踏んでしまう。kanakoさん、本当にごめんなさい。これからは再びコツコツと署名集めをしていきたいと思います。

署名内容・用紙のダウンロードは↓↓からご確認下さい。

狂犬病予防法の改正」「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」今の日本には、これらの実現が何より大切だと思いました。

又、広島市が過去の事例に比べて、市の対応がいかに不適切であるかを痛感して欲しい!そう思います。

一方的に殺処分される多くの尊い命。現実に背を向けることにピリオドを打ちましょう。ひろしまの子達だけではなく、日本の各地で繰り返される「処分」の二文字。一頭でも多くの命が幸せをつかめますように、一人一人が、現実を見つめてくださることを、心からお願いいたします。

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ひろしまドッグぱーくを告発 [dogs]

動物愛護団体アークエンジェルズさんが、ひろしまドッグぱーくを動物愛護法違反容疑で告発しました。

詳細は「アニマルポリスを誕生させよう!」管理人kanakoさんのブログでご確認下さい。動画、記事、などのURLも明記してあります。

嘆願書総数は10月17日現在166,376名!

 

*個人的な意見なのですが、正直予想より少ない気がしました。こんなことを言えば、署名活動を懸命にして下さったみなさまに叱られそうなのですが(自分自身も2枚合わせて目標400名には至らず350名分でした)、愛犬家の数(1200万人)から比べるともう少し伸びると確信していました。

日本ハムファイターズを引退宣言した新庄選手(契約11月まで)への、やめないで!という署名活動の結果、北海道で18万通集まったことを考えるとやはり。。。少し残念です。

私には生意気にもこのようなことを言う資格はありません。事実必死で集め回った。というものではないからです。私にしては懸命だった。その程度だと思います。もちろんご署名いただいた全国のみなさまの想いは166,376名分の嘆願書にズシリと込められていると思います。意外と無関心な方が多かったことや、個人情報が漏れることを恐れる方もいらっしゃいました。中々難しいものですね。けれど、166,376名の訴えを受け止めて、なんとか広島市が告発に動かれることを願います。罰することも大事だとは思うのですが、この管理責任者が2度と命に携わる仕事が出来ないように登録の拒否を決定していただくことの方が、大切な事だと思います。ただし、これは私個人の意見なので、それぞれの考え方があるとは思います。

愛護法違反者(容疑者も含む)の根絶。。。真の動物愛護の趣旨がここにあると強く思います。

 

 

↑バーニーズ「クロちゃん」の闘病記と、実体験をもとに犬の病気と健康などについて書かれています。カテゴリーで分けられていますのでとても見やすく参考になることも多いです。飼い主さんの深い愛情と心の葛藤が綴られています。又一度お読みになって下さいね。(このサイトは、愛犬家ってどれほどいるのだろう?との疑問を検索中にヒットしました。こんなにも大変な難病があることを初めて知りました。改めて病気もせずに自然に年老いた老犬と、元気だけが取り得のお転婆娘の存在に、感謝せずにはいられませんでした。)

 


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

ペットショップで売れ残った命 [dogs]

                

 ペットショップで売れ残った犬や猫は一体どうなるのだろう?この疑問は誰しも一度は抱いたことだと思います。現在のようにネット社会が蔓延される以前、おそらくこの問題は何重もの扉で閉ざされ、決して外へ漏れないように隔離されていたのでしょう。ペットショップで売れ残った命は、やはり絶たれるか、苦しい日々に晒されるかの何れかです。調べてみると、某大手ペットショップ店では、生後3ヶ月を過ぎた子たちは、即保健所送り。あるいは他の店でもパピーミル(繁殖所)、実験用、と間違いなく過酷な運命に委ねられるのです。

昨日更新されていた「ハッピーラブズ」さんの「スタッフ通信」で、ペットショップで売れ残り、オーナーにより保健所へ持ち込まれる寸前だった黒ラブ・5ヶ月、ヨーキー・3ヶ月を、レスキューした報告が掲載されていました。そのペットショップで働く女の子からレスキューの依頼があったようです。猫は既に山中に捨てられ助けられなかったと。

これがこの国の現実です。繁殖所で犬達がどのような酷い日々を強いられているのか。利用価値がなくなったと判断するや否や、彼らは信じられない行動にでます。まるで悪魔に魂を売り払ったとしか言いようがありません。働き続けた小さな命は「餓死室、あるいは餓死箱」に入れられ水も食事も与えられず、飢えと乾きに苦しみながら息絶えていくのです。もちろん良心的な繁殖所オーナーもいらっしゃると思います。このような悪徳業者は一部なのだと信じたいです。けれど現実は違います。全国各地で活動されている動物愛護団体の何れもが、繁殖所からの保護犬に携わってこられています。

このようなことはすべて、緩慢な法規制が招いた惨劇です。動物愛護法とは一体誰の為にあるのでしょうか。もの言えぬ命を守る為の法ではないのですか。

今回のひろしまドッグぱーく事件。行政の対応は変りません。多くの方が抗議のメールを出そうとも、お構いなしです。どの状態が動物愛護法違反に適するというのでしょうか。本日アークエンジェルズ・林代表が嘆願書を胸に、直々に告発に動かれます。嘆願書についての詳細はコチラでどうぞご確認下さい。行政の壁を崩せるよう、みなさんで願いましょう!


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

戻ってきたワンコたち [dogs]

  319頭のワンちゃんが新しい家族の元へ旅立った筈なのに、既に数頭はぱーくへ戻ってきた。。。ってどういうことなのでしょうか?譲渡会が終了して僅か3日で?どのような理由があったとしても、覚悟の上で里親希望されたのではないのでしょうか?涙と拍手で見送られて新しい家族の元へ旅立った子たち。。でもね、大丈夫だから。きっと本当の家族と巡り会えるから。。人はこんなにも平気で裏切るのですね。真実はわかりません。わからないのにまるで攻撃するかのような言い方はいけませんね。ただ。。。戻ってきたワンコたちの心の傷が寄り一層深くなるのでは、と案じます。やはり戻すのはよくないです。あれだけ厳しいといわれている面談に合格して、晴れて里親さんになれたというのに。一体何があったのでしょうね。どんなふうに心が変化したのでしょうか。。。

戻ってきたワンコ。新たに家族が決まったワンコ。。コチラからご覧ください。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

譲渡会での本当の事 [dogs]

←☆スタッフ通信☆に、譲渡会での「本当の事」が記事更新されています。出来る限りの万全策をとられていたのだと、改めて感謝しています。世間で文句を言われている方々。。ぱーくの子たちは単なるブランドなのですか?なぜ、このような状況のなか自分中心の視野で判断できるのですか?むしろ・・アークエンジェルズさんの判断は正しかったのだと、あなた方のおかげで信頼感が増したほどです。間違った情報・意見に惑わされずに、ワンコ達の幸せだけを願いたいと思います。
nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

譲渡会の波紋 [dogs]

319頭のわんちゃんが新しい家族とのお見合い期間に入ったにも拘らず、あちらこちらで不満の声があがっていることは、とても残念です。どうか里親さんとして承諾をいただけなかった方々。。冷静に今回の一連の救助活動に心を馳せていただくようにお願いします。

消えゆく小さな命を救う。。それが始まりで、そして今も続いています。団体側と里親希望者との間には、考え方の相違、価値観の相違、愛護精神の主旨、様々な点で溝があるのかもしれませんね。但し、アークエンジェルズさんが動いて下さらなければ、多くの尊い命が身動きできないバリケンの内側で、飢えと乾きで苦しみながら息絶えていったことは避けられません。ドッグぱーくの子たちでなくても、救いを求めている小さな命は、各都道府県動物管理センター、愛護団体などにも溢れていると思われます。同じ見捨てられた命です。条件が合わずに里親として譲り受けうることができなかったのであれば、その心をその子たちに向けてあげてはいかがでしょうか?

言葉は武器に姿を変え、鋭利な刃物のように人の心を傷つけます。特にネット世界に於いては、何ものにも変え難いほどの強力な武器ですね。キーを打つその指先を、今一度深呼吸してから見つめ直すことは不可能でしょうか?その言葉を投げかけられた相手が、本来はガラス細工のような壊れやすい心の持ち主かもしれませんね。あるいはその反対に、冷静沈着との印象の方であっても、突如牙を剥く場合もあるかと思います。空中で飛び交う姿無き無数の言葉。。それらを闇のような塊で包むのは、やはりいけないことだと思います。

広島支部長しなこさんのブログ・コメント欄では、日々さまざまな言葉が飛び交っています。個人的には不特定多数の方がアクセスされるサイトへの書き込みは控えています。想いは。。自分のホームで綴ればいいのだからという考え方です。だからと言って決して、投稿者の方を非難しているわけではありません。様々な意見や考え方は、勉強にもなり、時には心の支えにもなります。要するに言葉への攻撃を恐れてるいるだけの、勇気なき一人の弱い人間なのだと思います。人を中傷する行為。それは必ず数倍になって跳ね返ってくることを、ひしひしと感じています。わんちゃんたちの為だけに全力で活動されている方々への言葉は、せめてやわらかい布にくるまれた心地良い言葉のみにしましょうね。お願いします。。

ひろしまドッグぱーくでは、常時里親募集されているようですので、再度申請されるのもいいかもしれませんね。熱意が伝われば必ず命の伝達を任せていただけると思います。長年愛護に携わってこられた方々です。生還できた命に対する熱意と愛情は、必ず心に届くとそんなふうに考えます。

救え!!消えゆく小さな命達。。想いはみんな同じゴールを目指しています。せめて心をひとつにして、残された子たちの応援を続けていきましょうね。

*嘆願書署名いただいた方々、本当にありがとうございました。みなさんのご協力のおかげでたくさんの署名が集まりました。今朝一番に速達で郵便局へあずけて参りました。たくさんの方の想いが込められた封書を胸に、より一層命の重みを感じました。これからも、レスキュー前のせつないまなざしを忘れずに、応援し続けていきたいと思います。ありがとうございました。


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

319頭 [dogs]

2日間の譲渡会の結果、319頭が、トライアル期間に入ったと発表がありました。

前日の朝日新聞・記事はコチラから。

今朝ズームインで譲渡会の模様を取り上げていましたが、動画のアップはまだのようです。

319頭のワンコたちすべてが、正式に新しい家族として受け入れられますように。

 

ひろしまドッグぱーくの子たちは、地獄の日々を過ごしてきました。あのまなざしを私たちは決して忘れないようにしなければ、いけません。今回の事件でアークエンジェルズ代表が言われた言葉「人間は苦しさから逃れる為に自殺ができる。この子たちにはそれも許されない。」少しニュアンスが違うかもしれませんが、そのような内容だったと記憶しています。もちろん自殺という行為を肯定しているものでは決してありません。人の手によることでしか、苦しみから1分1秒たりとも逃れることが出来なかった子たち。やっとの思いで掴みかけた幸せ。トライアル期間というのは、言葉は悪いのですが、いわゆる「お試し期間」のようなものとの認識でいます。どうしても無理な場合を考えられての、アークエンジェルズさんがとられた方法だったのでしょう。再び捨てられるようなことがないように。再び虐待を受けることがないように。。。スタッフ初めボランティアの方々の悲痛な訴えが聞えてきます。何日もお世話されていれば、情も移ると思われます。お嫁入りが決まった瞬間、どれほどの感情の乱れがあったのだろうと、考え込んでしまいます。どうか、319頭すべての子が、2度と不幸な日々を歩まないように、里親さんたちの愛情と根気を信じつづけたいと思います。

その一方で、不幸な日々から脱出できないままに、張り裂けそうな不安を体中にまといながら、無意味な死を遂げる子たちが後を絶ちません。産ませて処分、を繰り返す非道な人間たち。ペットショップでの生体展示を廃絶する動き。炭酸ガスによる殺処分を安楽死にという動き。行政に訴えようという動き。避妊、去勢を推進する動き。処分施設での期限を延ばすという動き。まだ数多く一連の動きがあります。これらはペットブームが残した「命の軽視」への抗議です。既に下降線のペットブームが、更にどれほどの命を無意味に虐殺していくのでしょうか。愛護の精神を鏡に問いかけ、自分にもできる動きに関心を抱いてくださるように、心よりお願いいたします。

 


nice!(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。