So-net無料ブログ作成
検索選択

お知らせ [ameblo@only a little]

都合により、ブログを一時休止することにしました。



これまでご訪問いただいた方、



本当にありがとうございました。



お知らせ [dogs]

都合により、ブログを一時休止することにしました。

これまでご訪問いただいたみなさま、

本当にありがとうございました。

                        夏ママ



共通テーマ:ペット

なぜ? [dogs]

イタリア・カンパーニ州で乳牛にブルセラ病が発生。イタリア全土の乳牛30%がブルセラ病に感染、とのニュースを今BSニュースで知りました(1/19/23:08)。主にチーズを生産しているそうです。チーズそのものには殺菌工程を経ているので問題はないそうですが、以後の供給が懸念されており、又一方でイタリア政府は乳牛3万頭の処分を決定したそうです。

牛の命。犬の命。そして人の命。
人は自ら命を絶つ「意識」を与えられ、牛や犬は、人の手によってのみ命を絶たれる。
3万頭の牛が処分されるという報道に、心は固まるけれど、まるで当然かのように解け始める。
なぜ?。。同じ命だと言いながら、優劣をつけています。
今尚、深いところで息を潜める「大阪府和泉市ブルセラ症問題・陽性犬殺処分」
なぜ、牛が処分される報道に、立ち止まらず流されてしまうのか。
鳥インフルエンザ報道への、心の動きも同じ。
本当に自分は「命の大切さ」に向き合っているのだろうか。。



共通テーマ:ペット

行方不明のチャッピーちゃん [dogs]

山梨県多頭飼育現場のチャッピーちゃんが、行方不明になりました。

*以下は近況報告ブログからの情報です(許可は頂いています)。

2007年12月29日のお昼(12時)頃、群馬県館林市緑町にて散歩中に逃げてしまいました。
胴輪から抜けてしまったため、何も付けていない状態です。
○名前:チャッピー
○犬種:雑種(日本系)
○大きさ:中型犬の中でも小さめ(体重:約8~9kg)、足が短め
○毛:茶色の短毛、お尻の方がやや長め、口元・お尻辺りが白色

詳細、及び連絡先はコチラでご確認ください。

不明になった犬の捜索につきまして、注意点・再確認事項・その他お気付きの事は、上記近況報告ブログのコメント欄にてお伝え頂ければ感謝いたします。

尚、今回の出来事につきましては、誰よりも預かりを申し出られた学生さん自身が毎日自責の念に駆られているかと思いますので、励ましの声・有力情報・などのプラス要因のみの書き込みをお願い出来ればと思います。

地図で調べてみたのですが、館林市緑町周辺は、航空写真を見る限り、比較的住宅密集地であると思います。緑町以降の丁・番地が不明なのですが、緑町周辺には「神社・寺」が多数点在していることがわかります。チャッピーちゃんは非常に怖がりとのことですので、車・人・を避け境内などに潜んでいることも考えられます。もし、このブログをご覧になられたかたで緑町周辺にお住まいの方がいらっしゃるならば、是非ご協力していただきますようにお願い致します。空腹であるかと思いますので、ジャーキーなどをご持参頂ければあるいは役に立つかも知れません。関係者の方たちは近隣保健所などへの連絡はされているとのことですので、チャッピーちゃんは未だ何処かでじっとしている可能性もあります。どうぞ宜しくお願い致します。

一枚目の写真。。暖かな敷物、安全な室内、きょとんとしたチャッピーちゃん。

二枚目の写真。。楽しそうに笑っているチャッピーちゃん。お散歩大好き、と言っているようですね。

戻っておいで。戻っておいで。きっと幸せになれたのに。

戻ってきてね。チャッピーちゃん。必ず!戻ってきてね。

 

 

*お願い:チャッピーちゃんの記事につきましての転載・及び画像のコピーなどは、近況報告ブログ・管理人さんの許可を得てくださいますようにお願い致します。



共通テーマ:ペット

無意味な言葉 [dogs]

2008年1月5日。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

時々、パソコンを起動する事自体、躊躇します。
心はストップをかけるのに、
右手はまるで自らの意志であるかのようにマウスを握り締め、
小さな弧を描き続けます。
脳から弾き出されるのは、頼りなく自信のない指令。
もぉ限界でしょぅ?
一体何が出来ると言うの?
即答は必ず決まっていて。
何も出来ない。力もない。と。
ココで声を発する事が、何になるのでしょう。
再度現場へ向かう靴を、遠くへ脱ぎ捨ててしまったのに。
今なら間に合いますか?そんな卑怯な自問を繰り返しています。
けれど。
出来る事は決まっていて。
裸足で現場を遠くから見つめるだけ。想いを馳せるだけ。
砂にまみれた靴を捜せない私です。
あるいは捜せるかもしれないのに、
やっぱり捜す為の1歩が踏み出せないのです。

言葉が見つからず、何も書けなかった数日間。
昨日、mixiでひとつの言葉について少し更新記事を書きました。
ずっとずっと心に貼りついている言葉です。
「命の線引き」。
薬害肝炎訴訟に於いて、原告団が何度も口にした言葉です。
無念の涙と、切願と。訴える為に発し続けられた言葉です。
人間が人間に対して、「命の線引き」をすることは断じて許せない。
TVに貼りつく時間はなかったけれど、
「命の線引き」が消滅への道程を進み始めた事は知りました。

そして。
各地で現実に起こっているさまざまな「命の線引き」により、
闇に葬られた犬や猫たち。
一番許せないこと。決して許せないこと。
営利目的の為、違法に交配を繰り返す悪魔たちの存在。
年が明けて。
又新たな惨状を知りました。
東京都I区の多頭飼育現場を救う為、
立ち上がった方たちがいらっしゃいます。
リンク掲載は。。許可をいただくことを止めました。
時として、妨害に繋がることにもなるからです。
凝視出来ない写真の数々。
一度、閉じました。
私のちっぽけな心は、限界の文字にとらわれました。
悪魔は「命の線引き」を心咎めることなく続行してきました。
このような鬼畜を一体何処が誰が処罰するのでしょうか。いいえ!出来るのですか!!
あまりにも痛ましい。あまりにも惨過ぎる。ごみにまみれた仔犬たち。
傷を負い、体の自由を奪われても尚、人間を慕う痩せた犬たち。

ココで涙を流すだけの私も、同罪です。
人間の犯した罪を償う為に、どのように向き合えばいいのか。
今年も又言葉のみで、逃げようとしている私自身に対して
強い憤りを感じています。

「命の線引き」という言葉が、必ず「死語」となる日が来ると信じたい。



共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。