So-net無料ブログ作成
山梨wanko ブログトップ

除雪費用のご協力をお願いします [山梨wanko]

山梨現場を襲った自然の猛威とも言うべき大雪状況から、
ようやく解放の兆しを感じることが出来ています。
連絡を取れないことへの不安な日々のなか、
もちろん小林さんの安否が最も心配でした。
まさか、就寝中に屋根に分厚く積もった雪の重みで
屋根ごと下敷きになったりはしていないだろうか?
雪掻き中に1m50cmにも積もった雪が
小林さんに覆い被さったりしていないだろうか?
心配の尽きない日々でした。

それと同時に
どんなに身体を丸めても、鼻先を埋めても、
氷結したかのような犬舎の周囲を漂い静止したままの
棘のような空気や風に、ただ
身を晒すことしか出来ない現地の犬たちを、その老いた命を、
想わない日はありませんでした。

よく無事に、現地を襲った「自然の猛威」と向き合い、
生きていてくれたね。
たくましい犬たちの生命力に対して、頭を深く下げるばかりです。

少しでも暖かいようにと、
全国の方たちから現地の犬たちへ毛布が支援されました。
それなのに冷たい雪に埋もれてしまっては
あまりに切なく哀しく、不憫でつらいです。
ありがとう、山梨wankoたち。ほんとうにありがとう。

今、私たち山梨現場を応援する者にとって一体何が出来るのか、
を考える時、
小さな輪を少しずつ広げていくことのような気がするのです。
「小さな輪」  
それは、ある時はフード支援であったり、
毛布支援であったり、環境改善に必要な物資であったり、
学生さんたちの呼びかけ記事の転載であったり、
その時々で小さな輪の内容も異なってくるとは思います。

今回は、既に学生さんのブログでご存知のように、
この度の大雪への除雪費用ご協力、という小さな輪です。
お一人お一人がコーヒー一杯、タバコ一箱、
スイーツやドリンク。。。それらを少し我慢して頂いて
除雪費用の支援金としてのご協力を
大変あつかましいのですが、私からもお願いさせて下さい。

現地へ何度か行って下さっているバーバMIKOさまが、
ご自身のブログでも呼びかけていらっしゃいます。
記事内には、ゆうちょATMからの送金なら手数料は無料、
と書かれていますので、是非
MIKOさまもお書きのように、ワンコインでのご協力を
お願いしたいと思います。
ゆうちょHPのATM送金料無料の詳細は コチラ になりますので
一度ご確認ください。

※、尚、窓口での送金では手数料が発生しますので
くれぐれもご注意下さいね。

学生さんのブログ記事です。

◆除雪費用について ご協力よろしくお願いいたします◆

犬たちの支援口座情報は以下になります。

■犬たちへの支援先口座■

口座情報: ゆうちょ銀行間
口座番号:10830-6572161
口座名:山梨多頭飼育における問題の改善プロジェクト 

口座情報:他行から
支店名: 〇八八店(ゼロハチハチと読みます)
口座番号:657216
口座名: 山梨多頭飼育における問題の改善プロジェクト
         


私たち一人一人の力は、ちっぽけです。
権力を誇示する人も、肩書きを見せびらかす人も、
社会的地位を確立している人も、現実社会で孤立する人も、
財産を多く蓄えている人も又そうでない人も、
健全な人も、病に苦しむ人も、
人はすべて、小さな小さな存在であるように思うのです。

人は誰しも産まれたその瞬間から、死に向かって歩き続ける、
と主治医に言われた事があります。
かつて敬愛していた寺山修司も又
同じ言葉を遺しています。
結局大切なのは、
ただ敷かれたレールの上を黙々と歩き続けるのか
それともつかみきれなくとも、
目の前に浮遊しているだろう答えを求めて
もがき、這い上がり、挫折を繰り返し、それでも
まっすぐ前を見据えて歩こうと努力することかもしれない、
とそんなふうに考えます。
その渦中に於いて、常に心がけるべきは、
何を残すかではなく、何が出来るか、だと思うのです。

こじつけのようですが、
「小さな輪」への協力は、もしかすると
遠く離れた場所から案ずるばかりのちっぽけな私にも
今現地へ向かいて出来る唯一のこと、のように思うのです。
もちろん、
「支援金」のご協力のお願いは、
決して強請であってはいけませんから、
記事で呼びかけられた学生さんも
大変言葉を選び慎重にお願いされている、と感じました。

一体私たち大人が学生さんたちと同年齢の頃、
どんな日々を過ごしていたでしょうか。
危険も顧みず、連日の雪掻き、犬たちのお世話。
何よりも小林さんの心強い一番の友人・仲間、
なくてはならない存在であるように思うのです。

どうかお願いいたします。
私たち山梨wankoの支援者、小林さんを心から応援する者、
みなさんで手をつなぎ、心を想いをひとつにして
犬たちの幸せを護るお手伝いをして頂きたいのです。
20頭の山梨wankoたちの、
少しでも穏やかな余生を護る輪を広げたい、
と心から願います。、
譲渡へ向けて新たな旅立ちへの希望を捨てず、
毎日がんばる学生さんたちへ
感謝を込めて、ありがとうございます、の言葉を贈ります。

順不同になってしまいましたけれど、
「除雪費用」につきましての、支援金のご協力を
心からお願いいたします。

尚、山梨wankoチャリティーショップ
の方でもご寄付を募っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

お一人でも多くの方に、
この度の小さな輪を広げるお手伝いを
して下さいますように、
どうぞよろしくお願いいたします。



共通テーマ:ペット
山梨wanko ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。